脱毛の種類

レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、医師のいる医療機関のみでしか行えない脱毛施術で、毛周期に合わせて特殊なレーザーを繰り返し照射することで、ほぼ永久脱毛の効果を得ることができます。痛みをともなう脱毛法ですが、医療機関ですので、希望すれば麻酔を使用してもらうこともできます。また、万が一の肌トラブルがあった際にも、迅速に適切な治療を受けられるというメリットがあります。もっともヒゲ脱毛を確実に、かつ効率的に行える方法となりますあいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・んアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤャユュヨララリルレロワ・ヲ・ン

光脱毛(エステサロン)

フラッシュ脱毛(光脱毛)とは、エステサロンで行なわれている主要な脱毛法で、毛周期に合わせて特殊なフラッシュ(光)を繰り返し照射することで、抑毛・減毛の効果が期待できます。永久脱毛はできません。照射の繰り返し回数は、医療レーザー脱毛の2倍程度で、通院頻度は医療レーザー脱毛と同じ1ヶ月に1回程度になります。多少の痛みはありますが、医療レーザー脱毛よりははるかに痛くありません。

ニードル脱毛(エステサロン)

ニードル脱毛とは、毛穴にニードル(針)を挿して電気を流して脱毛する方法。現存の脱毛法の中でも、もっとも高い脱毛効果に期待ができますが、11本の毛根に施術を行なうため、脱毛範囲によっては膨大な時間がかかる上、激しい痛みを伴います。ヒゲの場合は、デザイン髭を作る場合に一部だけに施術が行われる例がほとんどですが、極度の青ヒゲを解消する場合には広範囲に利用されることもあります。

脱毛クリーム

脱毛クリームには、ヒゲを一時的になくす「除毛系」と、長期間の使用によって徐々に薄くする「抑毛系」の二種類があります。除毛系はあくまで一時的な効果となり、カミソリでの処理と同じようにすぐに生えてきます。ただし、カミソリよりも深い部分から除毛されるため、一時的な青ヒゲの解消効果などには期待が持てます。一方、抑毛系の効果には個人差が大きくあり、場合によってはまったく効果が確認できないといった例もあります。

東京メンズビューティーの脱毛器の特徴

他社IPL脱毛器との違い

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

当サロン使用している脱毛マシン、他のIPL脱毛機とは全く違うコンセプトで造られています。従来のMPL方式(マルチ・パルス・ライト)は1000分の1秒単位のショットを、休止を挟みながら連続して照射することにより皮膚の安全性を保つという原理ですが、出力曲線は急激な山形を描きます。これはある程度のジュールを必要とすることを意味していて、低ジュールではあまり効果が期待できません。また、その曲線が示す様にどうしても脱毛には不必要な領域が出てきます。 使用している脱毛マシンは、採用しているSquare-motion Technology独特の出力線は、平均的で四角い箱型になり、安定した熱量を毛に伝導します。パルス幅を8ミリセコンドに固定したシングルパルスは、脱毛に必要なエネルギーを安全に確実に毛へと伝達するのに有効です。また低ジュールの単パルスは規則的な動作をするので、安定したショットを供給します。パルス幅は固定されているため、発光動作は規則的となり安定した発光を確保します。常に一定の動作をするということは、安定した確実な脱毛効果が期待できるということでもあり、バラツキのない脱毛効果は顧客の安心につながります。

照射口の違い

クリスタル照射口

お客様に対する施術の中で重要な位置を占めるのが機械の安全性です。IPL脱毛は光エネルギーを毛に伝えることが必須なので、 そのときに発生する熱が最大のリスクとなります。IPLでの肌に対する最大のリスクは出力です。出力の増大と共に肌へのリスクも増していきます。使用しているマシンはその最大リスクである出力を、最大の効果を確保しながらMAXで7J/cm2に抑えることに成功しています。低ジュールの照射のメリットは安全性だけではありません。痛みの少ない脱毛処理を実現します。処理する部位によっては照射時の痛みはお客様のストレスとなり、施術スピードにも影響します。低ジュールの脱毛処理はほとんどの部位で痛みを緩和します。 もちろんクリスタルの照射口には電子冷却機能がついていて、最大でマイナス4度までの冷却が可能となっています。水冷・ペルチェでの冷却システムがクリスタルの温度上昇を抑え、肌の安全性を確保します。

波長の違い

IPL脱毛器の波長

通常のIPL脱毛機の波長は400nm~1200nmです。それぞれが出力や照射時間などの他の要素とバランスを取りながら、最適な波長を選びますが、波長の決定はフィルターによる不必要な帯域のカットで行います。エステで使用する以上、出力を上げることにはリスクがあります。限られた出力内での照射で効果を出すには、波長やパルスのの選定が重要な要素となります。 使用しているマシンの波長帯は620-950mnです。皮膚への浸透・浸達という点では、波長が長いほど浸透は深くなりますが、その分肌にかかる負担も大きくなります。最大出力7J/cm2の範囲内での単パルスにおいては、950nmが最大で最良という考え方から、950-1200mnの波長はフィルターによりカットしました。

光源ランプの違い

光源ランプ(ドイツ製)

使用しているマシンのキセノン光源ランプはドイツのヘレウス社のキセノンで、その性能と品質は世界中で非常に高い評価を受けています。ランプの性能は脱毛効果を左右する重要な要素です。耐久性に優れ、劣化しにくく安定した発光を供給するヘレウス社のランプは、高い効果と安全な施術をサポートします。現在使用している脱毛機のランプ出力は安定していますか?不安定なランプ能力は、複数回の脱毛計画を困難にしてしまいます。 ヘレウス社の高品質と使用しているマシンは、低出力・単パルスSquare-motion Technologyが30万発のショットを可能にしました。ヘレウス社のキセノンランプは、低ジュールによる効果・皮膚の安全・低コストを実現するための一翼を担っています。

東京メンズビューティー 五反田店 本日予約可能◎

お問合せ&ご予約
※施術中は、お電話に出られない事がございます。留守番電話にお名前とご連絡先を入れていただけましたら折返しご連絡させて頂きます。

070-1467-0201

営業時間:11:00~22:00(不定休) 

お電話の問い合わせ:11時~21時まで

東京メンズビューティー 上野・御徒町店 本日予約可能◎

お問合せ&ご予約
※施術中は、お電話に出られない事がございます。留守番電話にお名前とご連絡先を入れていただけましたら折返しご連絡させて頂きます。

070-8489-1665

営業時間:11:00~22:00(不定休) 

お電話の問い合わせ:11時~21時まで